カテゴリ:香港・台湾仕入れ日記 > 焙煎師 林さんのスゴさ

今回も烏龍茶作りを学んだ浦山さんに 通訳をしていただきました。 お茶を淹れてくれるのは林さんの奥さんです。 まず、今年は不作だったようです。 台湾は3月の雨が例年より90%少なかったそうです。 台湾茶全体が同じ状況です。 つまり良い状態の茶葉がとても少なく ...

台湾日記で抜けていたところをアップしていきます。 林さんのところに到着して食事をした様子はコチラから http://blog.livedoor.jp/hkb1/archives/51773152.html 山中の美味しい食事を終えてお店に戻ってきました。 まずはchelsesaが初めてということもあり 地下の焙煎 ...

焙煎の様子を見せてもらいました。 最近では一般的である機械での焙煎。 しかしここからが林さんのこだわり。 この筒状の中には茶葉が大きなざるの上に広げられています。 それも一定の温度の状態で保たれています。 茶葉の下はこのように熱線があり お茶によって ...

林さん親子はとても気さくな方ですが お茶に関してはかなりの凄腕な方です。 林さんの仕事は農家ではなく、焙煎師。 しかし焙煎するだけではなく農家に栽培や加工の指導をして 林さんが納得のいく茶葉しか買い取りません。 それはなぜかというと茶葉を常に安定した良い状態 ...

おはようございます。 台中ではホテルで朝食を済ませて午前中はブログを書いています。 今日はチェックアウトが12時なので あと1時間ちょっとかけて昨日分を仕上げたいと思います。 タクシーで約一時間。 到着したらお店の林さんと日本人の浦山さんが迎えてくれました。 ...

↑このページのトップヘ