あのお茶っていつから取り扱ったかなぁ〜

と思って調べたら2009年でした。

ブログで
”アレには負けません。本場の「香港黒烏龍」”

と書いていました

18322321



もう6年前になりますね。

そもそも「黒烏龍」という名前は日本のメーカーが付けた名前です。

しっかり発酵、焙煎させて
烏龍茶の脂肪分解の効果を高めたお茶です。

これは本来香港の伝統的なお茶なのです。


香港の人は元々しっかり発酵焙煎の
しっかり味がお好みです。

そのお茶にこだわったお茶屋さんでこのお茶を見つけて仕入れました。

茶葉の品質にもこだわり
何よりも最近では機械焙煎が一般的なところ
とても手間のかかる”炭火焙煎”
じっくり火を通しています。

市販で売られているお茶よりも
色は薄めで、香りが豊かです。

更にお値段もお手頃

これはいい!!

と思って仕入れてきたんですよね。


予想通り、お店でも大人気商品の地位を君臨してきました。


しかし・・・・

全体的にそうなのですが、中国の景気が良くなってから
毎年値上がりし

更に追い打ちをかけるように円安・・・

どんどん仕入れ値が上昇し
とうとう仕入れをストップする決断をいたしました


というわけで、最後の黒烏龍です。

今週は1ヶ月1回のスペシャルティーウィークで
お食事につくお茶がこの「香港黒烏龍」となっています。


黒烏龍ファンの方
お食事で飲むもよし
買いだめもよし

最後後悔のないように味わってくださいませ

ネットでも販売しております。
http://www.tim-ma-ma.net/?mode=grp&gid=807841