Racheal

Rachealは1999年に命名されたイングリッシュネーム
香港人は必ず中国語名とイングリッシュネームを持っていることから、私も真似て当時習っていた広東語の先生に命名してもらいました。
Rachealにはキャリアウーマンという意味があるそうです。

女実業家にあこがれてIT事業で起業。その後どっぷりハマった香港をキーワードにカフェをオープン。


1997年
パソコンサービス業を個人で開始
中小企業向けにパソコンを使っての仕事の効率化を提案。officeを中心とした指導、データーベース開発を大手には出来ないきめ細やかなサービスで提供。


2001年
香港Sweets Cafe 甜蜜蜜 オープン
岡本に妹と二人で作った小さな小さなカフェ。その時の様子はこちらから。
大好きな香港をテーマにごはんからスイーツまで。市場の中にある小さなカフェ。インテリアは「花様年華」をイメージ。12席。


2004年
cafe yuddy
 オープン
ヘルシーなごはんと甘味(和のデザート)、そして中国茶。ビルの3Fにある隠れ家的なカフェ。インテリアは「欲望の翼」をイメージ。30席。


2006年
ネットショップ『tim&yuddy web shop』
 オープン
店頭で販売している茶葉などを購入できるネットショップ


2007年
飲食専門誌『Cafe Sweets』でパソコン誌面講座を担当

■vol.72「カフェの印刷物をWordでつくろう」


■vol.76「写真入りメニューをWordでつくろう」


■vol.86「カフェの会計管理表をExcelでつくろう!」



2008年
甜蜜蜜 岡本店 拡張リニューアル

7年目に倍の広さに拡張。「花様年華」を引きづきつつインテリアも一新し、メニューもバージョンアップ。ちょっぴり大人に変身。18席。

2009年末
12年継続してきたIT事業にピリオドを打ち、飲食事業に専念



2010年
香港甜品店 甜蜜蜜 元町店
 オープン
岡本店とコンセプトは同じではあるが、フードでは岡本店にない香港スタイルのお粥を提供。薬膳に力を入れたメニュー構成にする。インテリアのテーマは「Eros」の「若き仕立て屋の恋」。25席。


2011年
甜蜜蜜 岡本店 閉店

最初の小さなビニールのお店は10周年を迎えると同時にクローズ。


2013年
cafe yuddy 9年目にしてインテリアとメニューをリニューアル

店内のイメージは守りつつ、2名様のボックス席を増やし、よりくつろげる空間に。
ごはんメニューは野菜のうまみを生かした『ベジスープとお魚ご膳』にリニューアル。


2013年
ネットショップ『薬膳・漢方の食材専門店 甜蜜蜜』
 オープン
薬膳食材を専門に扱うネットショップ。少量から大きなサイズまで取り揃え、個人から業務用まで幅広い用途に対応。


2017年
梅田のカフェ開業スクール”カフェズライフ”さんで講師を務める