21f21c95.jpgcafe100












『カフェの扉を開ける100の理由』

これは雑誌ではなく単行本です。

これを書かれた川口葉子さんは『東京カフェマニア』というサイトを運営し、同名の本も出されています。

『東京カフェマニア』が出版されたのは2001年。
ちょうど「カフェブーム」「カフェマニア」という言葉が認識された頃。


この5年の間に「カフェ」という言葉は一般的な言葉になり、「ブーム」「マニア」の言葉も聞く事がなくなってきました。そしてカフェは「淘汰の時代」を迎え現在に至っています。

そんなめまぐるしい時代の流れを感じさせない、『東京カフェマニア』に描かれていた本来のカフェの空気感が残された本となっています。

取材を受けておきながらこんな事を言うのもなんですが、この本を見てカフェの原点を思い起こさせられたような気がしました。

川口さんはこの本の空気感そのものを持たれた方で、取材の時も色んな物を感じながら全て1人で取材し、自分でカメラを持って撮影をされていました。北から南へ川口さんが旅先で出会ったカフェが全国に渡って紹介されています。

tim、yuddy共に掲載されていますので、店内にもまた本を置いておきます。気軽に手にとって見てくださいね。

ジャンルを「社長部門」から「起業・独立部門」に変更しました。
こちらもよろしくお願いします↓
人気blogランキング★←クリック応援お願いします