5fb0283b.JPG←timで密かに人気のパフェ


経営者というポジションで仕事をしてみて思うこと。

雇われていた時代と比べると、労働時間、責任、精神的負担など比較にならないほどの重みでのしかかってきます。

そんな中で起業当初から私にとって「経営者で良かった〜!!!」と思えることがあります。

それは私よりもはるかに立派な会社の社長さん、お店のオーナーさんと対等にお話が出来ることです。

どこかの従業員なら絶対相手にしてくれないであろう人でも、経営者だからこそ知り合える機会を持てたり、対等にお話をしてくださることが多々あります。そういう中で得た人の繋がりは自分に自信を持たせることも出来たし、たくさんの力を貸してもらうことができました。

またそれが自分のポジションのバロメーターになったりします。

今までは雲の上の存在だった人とお会いできたりすると、「私もこの人とお会いできるぐらいまでになったんだなぁ。がんばってきて良かった」としみじみ思います。

よく経営者は孤独と言われるように、日常では誰も褒めてくれないし、評価もしてくれないし、励ましてもくれません。全て自分でモチベーションをコントロールしなければいけません。

だからそうやってたまに「私ってすごいなぁ」なんて自分で褒めたりするようにしています(笑)ちょっと寂しい気もしますけど・・・

ちなみに先日もこのような出来事がありました。

カフェとしてもライフスタイルとしてもトータル的にすばらしいなぁと思っている奈良のカフェがあります。そちらのオーナーさんが、神戸をまわろうと思った時に是非yuddyに行きたいと思って頂いたらしく、お店に来て頂きました。たまたま定休日だったのですが、お会いして少しお話をすることができました。

遠くから来られて、三宮ではなくわざわざ岡本まで来てくださったというのが本当にうれしく、私にとって大きな活力となりました。

これからの人生の中でどんな出会いが待っているのかと考えるとワクワクしてきます。

人気blogランキング★←クリック応援お願いします