421c7354.JPGここ最近忙しく、三宮でさえ行くことがない日々。
店の買い物に行ったついでに街中をブラブラしたり、お茶をしにカフェに入ったり、本屋へ寄ったり・・・

この何気ない行動が私にとっては実は重要なのです。

街を歩いていると、色んな人や店のディスプレイなどが目に入ってきます。これは一種脳の刺激になっています。色んな物を見る事によってその時は何とも思っていなくても、ある時ふとアイデアのヒントになるし、時代の流れを読み取った上での発想が出てきます。

また常に脳を刺激していると、アイデアを生み出す体質になるので、色んな発想が次々と生まれてくるのです。

逆に何も刺激がないと、頭が固くなってしまいすごく狭い範囲での発想になり、時代の流れに合わないものを考えてしまいます。

それはやはり経営者にとっては致命的なこと。

こういう悪い状況に気づくことが出来ればまだいいのですが、気づけないぐらい余裕のない時もあります。

大変な時こそ自分を客観的に見れること。
これって大事だなぁって思います。

あともう一歩で10位台です。ワンクリックお願いしますね
人気blogランキング★←クリック応援お願いします